東京・横浜エリアの街コンは「街コンサーチ.com」で!

東京・横浜エリアで街コン開催☆街コンポータルサイト

会員マイページログイン 新規会員登録 【無料】

HOME > 街コン参加にお役立ち > 街コンに参加するメリット、デメリットとは?

街コンに参加するメリット、デメリットとは?

街コンに参加するメリット、デメリットとは?男女の出会いの場として、全国的に広まった街コン。
参加する目的は人それぞれですが、一般的にどんなメリットやデメリットがあるか、ご紹介します。
街コンに参加する際の参考にしてみて下さい。

街コンのメリット
メリットその① 気の合う友人と食べ歩きできる!

気の合う友人と食べ歩きできる!街コンの最大のメリットとして「食べ飲み放題」であることが挙げられます。
参加費を主催団体に支払うことにより、決められたエリア内の街コン協賛店舗で、食べたり飲んだり出来るのがメリットの一つ。
気の合う友達と昼間からワインやビールを飲みながら、異性ともワイワイ盛り上がれるのが街コンの醍醐味ではないでしょうか。

メリットその② 様々なタイプの人と出会える!

街コンは一般的なお見合いパーティーのように、結婚を意識した男女が集まるというよりは、楽しみながら出会いを見つけるといった感覚で参加する人が多いのが特徴。「直接的な出会いに繋がらなくても友達同士で楽しめる」というのも、メリットの一つです。また、まだ婚活パーティーに参加するのは抵抗がある…といった若い年齢層の人でも、気軽に参加できるのもメリットだと言えるでしょう。

メリットその③ 一度に出会える人数が多い!

合コンと街コンが似て非なる点は、お互いのタイミングで席を移動したり、別のお店に移って別の人と話したりしても良いというところです。また、最初に訪れる店や席は指定されることが多いので、誰とも話せないまま終了するということもありません。
飲み会や合コンでは、ずっとフィーリングの合わない人と一緒で苦痛だった…なんてこともありますが、街コンは、そういったデメリットを自分で回避することが出来るのです。

メリットその④ 主催に気を使う必要が無い

合コンの場合は、お店の手配やメンバー集め、スケジュール調整など幹事の負担が大きくなりがちです。そのため、幹事の出来不出来や異性が自分の好みとかけ離れていた場合、幹事に対する不満が出ることもあるでしょう。その点、ほとんどの街コンは企業や団体が主催しているため、幹事に気を使うこともなく当日は楽しむことだけ考えていればOK!というのが、嬉しいポイントです。

街コンのデメリット
デメリットその① 人気が高いのですぐに定員オーバーしてしまう

2004年に登場し、その気軽で楽しみやすいシステムから街コンは大人気を博し、今でもその人気は衰えることを知りません。そのため、人気の高い街コンは、募集と共にすぐに定員に達してしまうことも多々あります。

デメリットその② 婚活を目的として参加している人が少ない

誰でも気軽に参加できるため、相手が婚活しているかどうかは分かりづらく、結婚に対する真剣度は低いと言えます。けれども、より自然な男女の出会いの場として活用している人は多いので、「気の合う相手を見つける」「出会いの第一歩」として街コンに参加するのがおすすめです。

デメリットその③ 引っ込み思案だと喋れないまま終了してしまう

引っ込み思案だと喋れないまま終了してしまう街コンは、各自のタイミングでお店を移動し、別の男女と話すことで交流を深めていきます。最初に相席になった異性とフィーリングが合って、ずっと楽しく交流できた!という場合は万々歳ですが、これは稀なケースです。相手が「もう別の人と話したいかも…」と感じた時点で、その場が終了してしまうことも往々にしてあります。
また、店内はお客さんの声やBGMなどで騒がしい場合も多いので、ある程度の大きな声ではっきりと話すことを心がけて下さい。異性との会話が苦手という方は、街コンでコミュニケーション力を磨くのもよいでしょう。