東京・横浜エリアの街コンは「街コンサーチ.com」で!

東京・横浜エリアで街コン開催☆街コンポータルサイト

会員マイページログイン 新規会員登録 【無料】

HOME > 街コン参加にお役立ち > スマートな連絡先交換の方法

スマートな連絡先交換の方法

スマートな連絡先交換の方法連絡先を交換したいと思っても、なかなか言い出せず、結局交換せずに終わってしまう方も多いのではないでしょうか。
けれども、せっかく出会いのきっかけがあっても、連絡先を聞かずに別れてしまったら二度と会えないかもしれません。
せっかくのチャンスを逃さないためにも、勇気を出してみましょう。

ここでは、スマートな連絡先交換のコツをご紹介します。

スマートにメールアドレスを聞き出す方法
「もっと色々話がしたいから、メアド交換しませんか?」

サラリと本音を伝えながら、連絡先交換をしてしまう方法です。こんなに素直に聞かれたら、たいていの女性は素直に連絡先交換をしてしまいます。
男性からだけではなく、女性から聞くのもOKです。せっかくのチャンスを逃さないで下さい。意外に思うかもしれませんが、直球勝負のアドレス交換は実はとても好印象です。ストレートにお願いしてみましょう。

「〇〇のこと詳しく聞きたいから、メアド教えてもらってもいいかな?」

相手の趣味や、会話の内容から、相手の詳しそうな分野をお願いしてみましょう。理由づけがあると、アドレスを聞きやすくなりますし、後々メールの送信をする時も、理由があるので送信しやすくなります。たいていの方は、アドレスを聞いたところで満足して、その後の連絡は取っていなかったりします。そうならないためにも、具体的に聞きたいポイントを絞っておくとよいでしょう。

「合コンしたがっている友人がいるんだ。お互いに友達呼んで合コンしようよ」

友達をダシに使った連絡先交換法です。
後日、本当に合コンをしてもよいですし、「合コンしたがっていた友達に恋人が出来たんだけど、このまま〇〇さんとは連絡とってもいいかな?」とメールを送るのもよいでしょう。

「〇〇(料理名)が好きなんだ!美味しいところ知っているから、今度このメンバーで行こうよ」

街コンで、好きな食べ物の話になった際に発言してみて下さい。この理由で連絡先交換が出来れば、次の集まりを約束したのも同然です。そのために、日頃から美味しいお店の情報をこまめにチェックしておくとよいですね。また、好きな食べ物の話題が出て「どこのお店が美味しい?」と聞かれた時に、すかさず「〇〇がおすすめです。今度一緒に行きます?」と言う方法もあります。

「もし嫌じゃなかったら、後で合流して2次会しようよ」

街コンが終わった後の2次会は、強制せずに軽く誘ってみましょう。「もちろん、一緒に過ごしたい人が別に現れたら、その時はこっちを断っていいからさ。とりあえずメアドだけ教えて」と伝えて、安心させましょう。
理由をつけて断られた時は、「じゃあ、別の日にカラオケとか行かない?」と提案してみるのも一つの手。それでもNOなら諦めて次に行きましょう。「そうだね。遊びに行きたいね」と返答が返って来たら、すかさず、「連絡するから連絡先、教えて?」と話を繋げましょう。

メールアドレスを聞く際の注意
入力ミスに要注意!

街コンで勇気を出して連絡先を手に入れたのに、メールアドレスの入力を間違えていたら、連絡を取ることが出来ません。スマートに連絡先交換を行うには赤外線通信がおすすめですが、赤外線通信がついていない機種なら、手打ちでアドレスを打ち込み、相手にその場で送信して間違いがないか確認しましょう。

紙に書いてメールアドレスを渡す

メールアドレスは、どうしても長くなってしまいがち。口頭で相手に伝えても、聞き間違いや入力間違いが起こります。
そこで、前もって紙に書いておき、連絡先交換になった時にスマートに「メール下さい」と渡す方法もあります。
ただし、「u(ユー)」と「o(オー)」と「0(ゼロ)」、「1(イチ)」と「7(ナナ)」「v(ブイ)」、「―(ハイフン)」と「_(アンダーバー)」、「.(ドット)」と「,(カンマ)」、など分かりづらいので、紛らわしいものを使っている方は記入する時に分かるように書いておきましょう。

電話番号を交換しよう

携帯番号でメールが送れるのを知っていますか?携帯のキャリアに関わらず、どこの携帯に送っても大丈夫です。
時間がない時でも、携帯番号の交換だけならスマートに行なえますから、後からゆっくりメールを送るのもよいですね。時数の制限があるので、「今日はありがとうございました。
メールアドレス伝えます→〇〇〇@xxx.co.jp」とメールを送れば、受けた方も自分のアドレスを教えてくれるでしょう。そこから、ゆっくりとメールのやり取りをして距離を縮めましょう。

メール以外の方法
「Facebookしてる?」

メアドを聞くのは敷居が高いと思う方は、FacebookなどのSNSで連絡を取り合ってはいかがでしょうか。
「Facebookやっています」と答えが返って来たら検索をかけて「この中のどれ?」と同姓同名の人が出ているページを見せて、その場で友達申請まで済ませてしまうのも一案です。
Facebookなら日記も読めるので、街コンで知った以外の素顔を見ることも出来ますね。合コンや街コン用にFacebook、Twitter、MixiなどのSNSのアカウントを登録してみるのもよいかもしれません。

メアドは教えたくないけど連絡は取りたい

こんな贅沢なお悩みに答えられるのがLINEです。
中には、合コンなどの出会い専用にIDを作っている方もいます。メールよりも敷居が低いので、まだLINEをしていない方は登録しておくのもよいでしょう。